ピアニカの魔術師とは!?

bottun_daihyo

 

私たちは、音楽を通して子どもたちの無限の可能性をサポートしたいと思っています。
鍵盤ハーモニカは、最も多くの人に触れられている楽器ですが、私たちは少しばかり”教育楽器”という固定概念に捕われていたように思います。

今までに想像もできなかった音色と奏法でのパフォーマンスを体感してもらい、子どもたちの想像をかき立てることが出来れば、その影響は鍵盤ハーモニカだけにとどまらず、これから子どもたちが出会う多くの出来事や色々なものに対して「想像」という部分でいい影響を与えるのではないでしょうか。

さらに素朴で温かみのある鍵盤ハーモニカの音色は、聴いている人の心に風景を描き、想い思いの感情に揺られ、心を創りだすことができると思っています。なにより鍵盤ハーモニカは、自分の呼吸がそのまま音に変換されるので、とても自分を表現しやすい楽器です。

音楽鑑賞会では知ってる曲に手拍子をしてくれたり体を揺らしたり、私達の演奏がかき消されるくらい大きな声で歌ってくれます。達成した時の喜びも実感してもらいたく、ワークショップなど楽しく学べる内容の参加型音楽鑑賞会を目指しています。

また、鑑賞会が終わり学校を後にする際、レクチャーしたことをチャレンジしてくれているようで、教室から鍵盤ハーモニカが鳴り響いていたこともありました。子どもたちが意欲的に新しいことにチャレンジしてくれていると感じる瞬間でした。

固定観念にとらわれない自由な発想と豊かな想像力は、子どもたちが将来どんな職業に就いたとしても心と生活を満たしてくれると信じ、子どもたちから湧き出てくる「想像」という種を大事に育て、花を咲かせてあげることが、私たち大人の役割ではないかと思います。

教育楽器というイメージが強い鍵盤ハーモニカの意外な一面を感じてもらうことによって、子どもたちの想像する力を伸ばしていき、子どもたちの成長に役立てて頂ければ幸いです。

ピアニカの魔術師 ミッチュリー

 

>>公演内容はこちら

>>出演依頼・お問い合わせ